コンテンツ トップ
前画面に戻る
 今の日本の繁栄は自動車無しには考えられません。その昔は一部の人だけのものであった自動車も今や間接的部分を含めると全員がその恩恵を受けていると言っても過言ではないでしょう。

 車自体を「所有」していなくても、バスやタクシーは使ったことがあるでしょう。そして私たちの身の回りの品物の全て、物流の過程においてどこかの部分で必ず車両が利用されています。

 これだけ自動車に依存した社会では、当然様々な弊害も生まれています。それによって直接的に被害を受けている人のみならず、私をはじめとする「自動車が大好きな人」にも、知らぬ間に被害や不利益が及んでいるのが現状だと考えています。

 このままでは次世代に向けて「車は悪いもの」という認識が広がってしまいます。

 そうなる前に私たちでいろいろ考えることが必要だと思うのです。

  
 今も関係各所ではちゃんと改善、改良の努力はしています。無論、みなさん専門家です。しかし、そのような人たちじゃないとプランを作ったり問題提起ができないのでしょうか。

 行政側だとどうしてもきちんと民意を反映しにくいのは周知の事実です。時間もかかります。

 かといって、民間側(マーケティング会社やメーカーさんなど)では「収益」という優先順位がついてしまい、恣意的なものになるのも当然です。

 それならば、私たち「下のほう」が考えてみれば、行政と民間の中間に位置するところが何らかのアクションを起こせば良いのではないだろうか、という結論になりました。
概略図

 ここでは、自動車生活総合研究所からの発信もしますが、皆様からの提案やプランを受け付けます。それをきちんと正式なカタチにまとめ、関係各所へ提出や打診をします。

 そこまでの過程はすべてweb上で報告していきます。



前画面に戻る