一般社団法人 自動車生活総合研究所は、自動車産業、行政、国民、それぞれから独立した中立の立場で、これからの理想的な自動車社会の実現のために考え、行動することを目的とした組織です


  


 私たちと自動車は、暮らしの中で密接に関わっています。子供をはじめとして、例え運転免許を持たない人でも、生活の中では車で運ばれてきたものを消費し、道路を渡り、歩道を通り、バスに乗ったりします。

 経済においても、日本の自動車産業は産業全体の牽引役となっており、周知の通り非常に重要な地位を占めています。

 つまり、直接、間接の違いこそあれ、国民全体が「自動車」とともに生きているといっても過言ではありません。

 しかし現在、私たち国民、消費者の生活と、これまで熟成されてきた自動車社会は、良好な関係を築けているでしょうか?日々の営みと産業発展のバランスは取れているでしょうか?

 これまでの自動車社会はいわば「与えられてきたもの」といえます。だからこそそれがある種の自然発生的なルールと認知され、それによってごく自然にどこかへしわ寄せが生まれているにもかかわず、「現実」という言葉の下で、提案、反論の機会や意欲さえも失くしながら生活する要因となってはいないでしょうか。

 私たちは、国民、消費者ひとり一人がこれからの自動車社会を作っていくことに関わっていくことを理想とし、そのためのツールとなり、手段を探し、実行、実現するための行動をするために集まりました。

 モータリゼーションから50年あまり。

 ボトムアップで何かを変えることの難しさは承知していますが、次世代により良き自動車社会を残すために何が必要かを考え、行動していきます。

 自動車が大好きだからこそ。

 
   「自動車管理履歴認証システム及び方法」
    出願番号:特願2009-008112
    特許番号:特許第5112348号  内容はコチラ(PDF)
       自動車社会の健全な発展を願って・・・
活動開始時からのアーカイブサイト(自動車生活向上委員会)

※2005年の活動開始から数年間に作成した内容です。現在と状況が異なっている内容もありますのでご了承のうえ読んでいただけると幸いです。
ご意見募集
信販会社・リース会社等ファイナンス系企業様 債権債務に携わる司法関係者の皆様へ
対象カテゴリ ブログ おさくの部屋
株式会社自動車生活総合研究所
おさく法務行政書士事務所